環境に優しく低コスト、防災に適した動力エネルギー電気によらない動力「窒素ガス圧・水道水圧」技術

窒素ガス圧エンジンゲート開閉装置 展示説明会

電気によらない水門開閉装置 窒素ガス圧エンジンゲート開閉装置

東日本大震災において、津波が迫りくる中、水門閉鎖に従事した消防団員が多数犠牲となりました。この教訓を踏まえ、操作員の安全確保を最優先とする取組みの中に水門の自動化・遠隔操作化の促進があります。しかし、遠隔操作によっても、電源喪失が起きれば水門開閉はできません。 窒素ガス圧エンジンゲート開閉装置は、窒素ボンベからのガス圧を活用しこれを動力源として水門の開閉を行う装置です。電源に頼らずに水門開閉を可能とし、災害時に電源が喪失しても確実に水門を閉鎖することが可能です。

停電時も有効に機能する新技術「窒素ガス圧・水道水圧」

弊社の「窒素ガス圧・水道水圧」技術は、停電時も有効に機能する動力として、特に防災分野に活用すべく、技術の発信、製品化を進め、防災ノウハウを培ってまいりました。
いつ発生するかわからない災害に対応する技術は、100年後でも確実に使える技術である必要があります。構造が簡単で誰でもメンテナンスができるもの、環境に優しく、低コストで提供できるものを目指し、洪水や高潮による浸水を防ぐ防災製品として実績を築きました。NETIS(新技術情報提供システム:New Technology Information System)にも登録済の信頼ある技術です。(NETIS KK-120058-A)

お知らせ情報

2013年8月30日

愛知県蒲郡市にて倉舞港防潮扉竣工式が行われました。

全国初の窒素ガス圧駆動による防潮扉の自動化を導入し、市長をはじめ、国会議員、市会議員の方々、蒲郡市関係者、マスコミ各社に完成を披露しました。

倉舞港防潮扉竣工式

導入した窒素ガス圧駆動の横引きゲート、防潮扉 (PDF) >>

2013年8月28日

「中日新聞」に、蒲郡市に導入した新技術の記事が掲載されました。
窒素ガス圧エンジン駆動の横引きゲートと、
窒素ガス圧駆動装置による止水板の自動化について紹介されています。
8月30日に完成式が行われます。
2013.8.27 中日新聞「防潮扉 窒素ガスで開閉 蒲郡市採用」 (PDF) >>
蒲郡市ホームページ>>

2013年7月25日

「経営革新計画承認企業」として承認を得ました。
(大阪府指令経支第1070−25号)

2013年7月5日

事前防災・減災の新モデル、
『海辺のまち蒲郡市の暮らしを守る事前防災プロジェクト』 が始動!
電源喪失に備えた防災新技術、「窒素ガス圧」のモデル事業です。 詳細 >>

2013年4月17日

「津波・高潮対策における水門・陸閘等管理システムガイドライン」の改訂が発表されました。

国土交通省港湾局 報道資料 >>
水門・陸閘等の効果的な管理運用検討委員会 >>

■ 促進する新技術の例として水道水圧・窒素ガス圧が紹介されました。
水門・陸閘等の整備・管理のあり方(提言)」P.10
電力によらない水門開閉(水道水圧、窒素ガス圧等)


■電源喪失時の操作事例として、弊社実績が紹介されました。
「津波・高潮対策における水門・陸閘等管理システムガイドライン」
5−2 電源喪失対策の事例(高知県)「水道水圧による水門開閉」(高知県須崎港:平成17年導入)

2012年11月29日

「日経コンストラクション」11月12日号に「窒素ガス圧エンジン・ゲート開閉装置」の記事が掲載されました。 記事詳細 (PDF) >>

2012年11月16日

雑誌「近代消防」12月号に「窒素ガス圧エンジン・ゲート開閉装置」の展示会の内容が掲載されました。 記事詳細 (PDF) >>

過去のお知らせを見る >>

水道水圧エネルギーを活用しよう

水道水圧エネルギーとは?水道水圧エネルギーとは?

水道は配水管の末端でも自由に使えるように0.2MPa以上の圧力がかけられています。水道水圧エネルギーは、この圧力を利用して駆動装置を動かし、自由に使えるエネルギーとしたものです。
駆動装置の動力として水道水圧を利用しますので動力費が不要であり、駆動したあとの水はそのまま使えます。
すぐそこにありがながらこれまでエネルギーとして利用されなかった水道水圧
を活用することにより社会に貢献します。

  • 水道水圧エネルギー活用委員会
  • 水道水圧駆動装置の原理

水道水圧エネルギーを活用しよう

防水装置

低圧用シリンダー利用により着脱式に匹敵する低価格の自動式止水板(セミオーダー型)を開発いたしました。 適用実績へ >>

水道水圧エンジン

水道水圧エネルギーの利用によりシンプル且つ安心安全で安価な駆動装置を製品開発いたしました。 適用実績へ >>

NETIS 国土交通省新技術認定

新技術情報提供システム
ノムラフォーシーズの技術は、
NETISに評価・登録されています。

水道水圧駆動システムとは
なぜ水道水圧?だから水道水圧
  • 省エネ

    あるのに利用していなかった水道水圧エネルギー

    省エネ
  • コスト

    コストの低減により普及が容易なエネルギー

    コスト